06708
使用機材/D5100/AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED/SB-700/LDA6N-D-H-E17/S x2
第18回


ぐつぐつさん届いてたー!
けれども何かと忙しくて撮影と記事に起こすのに時間かかってしまいました( ;∀;)

--------
--------

今回はアルターより発売の
百花繚乱 直江兼続」(再販版)をお送りします。


先月頭に紹介しました「百花繚乱 柳生十兵衛」と同じく
今回の直江兼続も百花繚乱シリーズです(。・∀・)ノ
毎年、たくさんのフィギュアが発表、発売されていきますが
この「アルター 直江兼続」は、
2012年度の代表的フィギュアと言われるくらい好評を博した作品(らしい)ですので
実際にそれを目にするこの日をとても楽しみにしていました(*-∀-)ゞ



▼以下公式より▼
初版 2012年2月発売

再販 2013年8月発売 ←New!
作品名 「百花繚乱」          
スケール 1/8(全高:約225mm ※武器含む/ 頭頂高:約160mm)
商品形態 塗装済み完成品          
原型製作 槙尾 宗利
価格 9,240円(税抜 8,800円)



では早速撮っていきましょう

■使用機材
・D5100
・AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED
・SB-700
・LDA6N-D-H-E17/S x2


---------
---------


■箱
*相変わらずデカイです
 しかし柳生十兵衛もそうですが、直江兼続をこのフォントで力強く描かれると
 今更ながら被写体とのギャップにくるものがありますw
06695
066960669706698




■ブリスター
*いつも通り。ですが既に大槌が凄まじい存在感を放っていますw
0669906700





■付属品一式
*本体、大槌、柄交換パーツ、大槌支柱、説明書
0670106702





■大槌
*力の入り方が凄い。柳生十兵衛の背中にあった鼓もそうですが
 この百花繚乱シリーズ、何かしら力の入り方が凄いところがあります。
06771
067030670406705

*柄の部分はチェーン有り無しでそれぞれ換装可能
06706




■全体ぐるり
*niθ氏の和洋折衷デザイン再来。
 ですが他キャラよりも古風と言うより、女子高生的な制服の現代風が強い印象。
06709
0671006711
0671206713
06714
0671506716
0671706718
0671906720
06721





■顔アップ
*コレは可愛い!そしてデコマスサンプル通り!
06738
067370673606735


■可愛いので更に微妙に別角度から
*どっから見ても破綻がないです
067220672306724
067250672606727
0672806729





■髪飾り?
*「愛の戦士」ということで至るところに 愛 の文字アピール
06730




■髪
*大ボリュームのツインテール!1枚目右側の髪の房は外せる仕組み。
 さらに房の先にはでっかい鈴が付いてます。
06731
0673306732




■胸
*着痩せするタイプという認識。
06739




■手
*細かいですが指先までしっかり塗ってあります
06740
06741





■大槌の柄(鎖有りVer)
06742





■背中
*下手に弄ると腰の注連縄が擦れて色移りしそうでこわいかも
06744




■瓢箪
*これまた謎の力の入り具合ポイント。
 形の良さもさることながら塗装が素敵。
06745





■ニーソックス
*桜が舞ってます。ピーンと張るところ、シワのところ、
 この緩急のある造形と塗装がGJです。
06762



■ニーソックスの食い込み
*大事なことなので
06768




■靴と台座
*どうやら台座はシリーズ共通みたいですね。
 しかしぐつぐつさんは他キャラよりもハイカラな印象。
06766
06767




■お約束
*撮りに行かずとも勝手に見えてるパターンですがこのお尻は反則(ノ∀`)
06758
067590676006761


■大事なことなので
067490675006751
067520675306754





■柳生十兵衛と一緒に並べて
06772
06774
■お気に入りショットで〆
06708





■個人的総評
満足度 5
造形
5+
塗り 5+
構図
5+

■意味合い
満足度:文字通り個人的満足度
造形:造形の出来の良さ
塗り:塗りの丁寧さ色合いの良さ
構図:見栄えの良さ



出来の良さは文句無しです(*-∀-)ゞ
造形もどこから見ても破綻がないですし、細部まで良く作りこまれています。
特に、通常時ではほぼ見えることはない場所である
口の中(上の歯)が造形されているのは驚き!∑(゚ω゚  )

さらに造形もそうですが、
とにかくこの作品は丁寧な塗装とその色味の良さに目を見張りますね~。
とりわけ大槌とニーソックス辺りが特に素晴らしいので、
実際に見たこと無い方は是非見て欲しいポイントです(*´ー`)ノ
ポージングも大槌が活きており、
他のフィギュアにはなかなか無い見栄えの良さをインパクトを放っていて飾り甲斐があります。

反面、とても前屈みなポージングなので
出来るだけ目線と同じところに飾らないと視線が下向きで勿体無いのと、
同シリーズの柳生十兵衛とも視線が噛み合わないので
並べて飾った時のバランスがちょっと難しくて悩ましいです(ノー`)

ただやはり単体で見た時の出来は
アルター公式ページに公開されているデコマスそのままの素晴らしい仕上がりで
ここはホントにアルターさんの強いところですよね~(*´ー`)いや~いい仕事してます。GJです。

----------
----------

あ、そういえば今回このぐつぐつさんで初めて我が家のケースの背面ミラーの大切さを実感しました(´ー`)



ではまた(* 'ω')ノ