09470
フィギュアケースに照明を追加する計画 -LEDテープ編-
いきなりですが
▼私が1月末に購入したフィギュアケース(IK-123)▼

送料無料でお届けする組立て不要で完成品の
LEDダウンライト付き、鍵付きのコレクションボードで...


のこちらにはLEDダウンライトが付いているといえば付いているのですが
まぁ・・・なんというか残念な感じのダウンライトが付いています(詳しくは過去記事参照)。
せっかく、お値段的にも良いケースを買ったので照明もこだわりたいところですよね(*´ー`)
今回はまだ計画段階ですが、少し進展したので自分用メモとしても書き綴ってみたいと思います。


■はじめに
フィギュアケースに照明を追加するとなると追加方法は何点かに分かれます。
①一般的なクリップライトやスタンドライトで照らす
②LEDテープを貼り付けて照らす
③LEDライトバーを取り付けて照らす

ちなみにこのIK-123の前に購入したnissenのガラスケースは上面もガラスだったため、
①のスタンドライトをガラスケース上部に置くことで照らしていました。
しかし今回のIK-123は上面がガラスではなく木材になっているため①を採用することはなかなか厳しいものがあります。

そこで②or③なのですが、
②は商品バリエーションが非常に豊富でテープ自体も薄いため取り回しもしやすく、こだわった分だけ良い物が出来そうです。しかしその分しっかり計画を練らないと余計な出費が嵩んで終わりそうな予感。
③は商品バリエーションが少ないですが、バーになっているので棚に付けるには良さそうです。しかしバーとなると厚みがあり、それをケース内に収める難しさや商品バリエーションの中に自分の欲している長さがあるかどうかという難点があります。

というわけで消去法にはなってしまいますが②のLEDテープを採用。

しかしいきなりLEDテープをドカンと買うわけにもいかないので、
今回はまずLEDテープの仕様や特性を知るためにこちらを購入してみました。

LEDテープライト ACアダプター調光器セット




▼そして届いた商品がこちら▼
09456
09457


ブリスターパックの中に
・配線処理済LEDテープ(1m)
・調光機能付きスイッチ(同ショップで展開されている単品製品から察するに3Aまで対応)
・100V→12V変換アダプタ(最大出力1A)
が入っています。

と言った形でこの1セットがあればとりあえず1m分のLED照明が確保出来て、しかも単純なスイッチではなく明るさの調整もOKと致せり尽せりな内容。
LED自体は樹脂でコーティングされており、裏面は両面テープになっているので位置決めしたらぺたっと貼って完了。

・・・なのですが、いきなり貼ってしまうと後で本気でやる時に支障をきたすので、まずは試しに外側から照らしてみるテスト。をした図がこちら↓
09470
右サイドのガラス窓の枠にそって適当に貼り付けてます。
写真も極力実際に目で見た色味、明るさに調整しました。


率直な感想
思った以上にLED自体が暗いです。
LEDテープにも種類がありますがこのLEDテープに使われているのはSMD3528というものでLEDが1チップ内に1個、そして1m辺り60個のチップが配置された仕様になっています。
1個あたりのLEDは4ルーメン程度。室内灯を付けた状態だとLEDテープによって照らされているのかどうかがわからないレベル。
次回購入するとすればSMD3528の1m辺り120個配置のものか、費用がガクッと上がりますがSMD5050(※)を採用したテープにしたいと思います。
(※SMD5050はLED1チップ内に3つのLEDが入っています。1チップ辺りの明るさも18ルーメンと格段に明るい仕様)
ちなみに今回のLEDテープでは白を選択しましたが、色味は見ての通り昼光色で。色温度は6000Kぐらいでしょうか?白に若干青が混じっている感じですが懸念していた”青過ぎ”までは行っていないので個人的には許容範囲内。
配線はケース前面のガラス戸の隙間から出せる事が判明、どこまでこだわるかによりますがとりあえずのところはドリルで穴を開けずに済みそうです。


というわけで、
今までLEDテープに実際に触れたことがなかったので仕様表をみても実際どんな感じなのか想像し辛かったですが、今回試してみたことでだいぶ先が見えてきました。

▼そして早速今後の配線案を出してみる▼
g4258


▼ケースサイズはこちら▼
rick-store_ik-123_5



配線案①は
もう一本LEDテープ1mを増設し左右から照らす形。費用を抑えていくならこちら。
しかし照らせる範囲に最下段が入らないのとSMD3528(60個/m)を両サイドに配備しても結局光量が足りなさそうなので、2本購入する必要があるのと、ACアダプタはもっと高アンペアに対応したものに買い換える必要があるので結局費用もそこそこかかる。

配線案②は
長さにして354cmを必要とする為、SMD5050で354cmとなると5mクラスを購入する必要あり。SMD3528で済ませようとしてもそれなりのお値段に。
それに伴いACアダプタも5~6Aクラスが必要なためコストが大幅に跳ね上がる事必至。゚(ノ∀`*)゚。


というわけで、こだわるなら配線案②ですが現実的には配線案①かな?
また進展があり次第記事にしたいと思います。

           ▼出来ました▼
10017
  フィギュアケースに照明(LEDテープ)を追加 -準備~完成編-








ではまた(* 'ω')ノ